CD・DVDの本物と偽物の見分け方 その22015.06.20

前回、中国などで制作された海賊版の見分けかたについてご説明しましたが、今回は個人規模で制作するコピー版の見分け方についてご説明します(@_@;)

かなり粗悪なコピー品の見分け方になりますのでそんなの知ってるよ!と言う方には物足りない内容となるかもしれませんので予めご了承ください、、、((+_+))

個人規模のコピー版の見分け方は海賊版同様3点です。

 

1、ディスク盤面にドーナツ状の帯がついている
これはDVD-Rなどに焼いた場合必ずこの記録面がつきます。画像参照

CDコピー品 CD・DVD正規品

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このようなものは個人で焼いた可能性が高いです。
また青っぽいのも特徴です。(表現しにくいですが、ブルーレイの青とはちょっと違います)

 

2、印刷物のクオリティーが低い
海賊版同様印刷物のクオリティーが低いです。

これは海賊版以上に簡単に見分けられると思います。

 

3、付属品がない
個人のコピーには限界があります。
例えば歌詞カードやその他のおまけなどは付属することができない可能性があります。

ですのでオークションなどで、ディスクのみで販売していたりする商品には注意が必要です。

 

以上3点が個人でのコピー品の見分け方です。
海賊版と比べてかなり容易に判断することができると思いますが、こちらも一概にこれが絶対とは言えないのが難点です。

例えば情報商材やブルーレイの一部ではもともとディスク盤面にドーナツ型の記録面がついていることがありますし、個人規模のコピー版でもクオリティーの高いものもございます。

このコピー版製造で食べている人もいますのでそのような人のコピー版は機材などのレベルが高いのでコピー品のクオリティも高いので注意が必要です(>_<)

ただ基本的には個人のコピー品は粗悪なものが多いので、海賊版よりかは簡単に見分けがつくと思います。

 

以上でCDDVDの海賊版やコピー品の見分け方のご紹介を終わります。

正規品のCDDVDは是非当店ネットリにお任せください☆
今ですとAKB48や艦隊これくしょんなどを高価買取中です!

 

CD・DVDなど皆さまからのご査定、買取申込をスタッフ一同心よりお待ちしております!

ネットリブログバナー1



Top